カテゴリ:映画・演劇・美術( 80 )
夏終了
もう28日ですね。
納涼が終わるといよいよ夏も終わりという気がします。

楽日は3部のチケットを取っていたのですがどうしても
「たのきゅう」と「吉原狐」をもう一度見ておきたかったので
急遽、幕見ることにしました。お相手は涼さん。毎度毎度すみません。

楽日だし土曜日だしということで気合いを入れて
10時に銀座待ち合わせ。並ぶ前に松屋に寄ってべ−グル&ベーグルをゲット!
そのまま歌舞伎座へ。まだ開場前だったので1幕目の幕見の方が
たくさん並んでました。2幕目、座れるのかしらと思いながら並ぶこと1時間ちょい。
(アイスべ−グル美味しゅうございました)なんとか席をゲットして
2回めの「近江のお兼」やっぱり晒をぶんぶんしてる姿がかわいらしい♪
そして「たのきゅう」ネタも追加されパワーアップしたおろちが素敵でした!
そして何より楽しそうな三津五郎さんがいい!終演後拍手が鳴りやまず…
カーテンコール?と思いましたがやっぱり1部の終わりだからありませんでした。
(無かった理由は後程、書きます)

また並んで(笑)今度は「吉原狐」
やぱっりおきっちゃんとおえんちゃんのやりとりはいいわぁ〜
もう福助さんがキラキラしてかわいかったです(笑)
初演から25年も再演されなかったらしいのですがそれも納得。
福助さんじゃなきゃできないわな、アレは(笑)ですので何年か後に再演希望です!

ここで涼さんとお別れして私は3部へ。
楽なので気合いを入れて1等っす!でも13列目…悲しい。
それはともかくやっと「八犬伝」見れました。
高校のころマンガの八犬伝(その後OVA化された)にはまったことが
ありまして八犬伝好きなんですよ。しかも毛野ちゃんが福助さん!
なので期待大でした。なのでダメ出しありでお届けします。
まず八房、ぶちじゃないの!8つの牡丹柄なの!(笑)
だから八犬士に牡丹の痣があるんじゃなかったっけ?
時間がないのでしょうがないんですが急に2人増えてるよ!
せめて「これで8人そろったな」みたいなシーンがあって
よかったんじゃないかと思います。
でも光る玉とか素敵でした(笑)玉持って勢ぞろいして欲しかったです。

福助さん的には美味しいとこ満載でした(笑)
もう、毛野ちゃん素敵!あの力強い感じいいわよね〜
普通に昼夜の時にやってほしかったなぁと思いました。

その後、つい楽屋口に(笑)
でも福助さんには遠くから手をふってました(笑)
話し掛けるには心構えが必要なんですよ!だから9月に持ち越しです(笑)
その後しばらくすると高麗蔵さんが!
ずっとお伝えしたことがあったのでお話して来ました。
もうこれで思い残すことは何もありません(笑)
そして三津五郎さんがいらしたのでカーテンコールのことを聞いてみました。
幕がおりるとモニター(舞台と客席が見える)が切れてしまうので
客席の状態が解らなかったそうです。だからごめんねとおしゃってました。
なので再演をお願いして来ました!松竹に意見送ってねとのことでした(笑)
楽日ということもありみなさん上機嫌でお相手して下さいました。
うむ、惚れ直す(笑)そんなわけで満足満足の納涼でした。

ふぅ…9月は重いぞ〜(笑)
福助さんの八つ橋と高麗蔵さんの侍女かえでが楽しみです。
鬼揃〜鬼揃〜♪
この日記(?)長っ!しかもくだらん(笑)
もうちょっとうまい文章が書けるといいんですけどね…遠い目。
すみません、精進します。
[PR]
by reo_nao | 2006-08-28 16:51 | 映画・演劇・美術
万歳三唱!
もしかしてハッシーのこと大好きなんじゃないかと思う今日この頃です。
それはともかくやっと見られました納涼2部!

◆吉原狐
成駒屋ブラザーズばんざ〜い!!(笑)
久しく見ていなかった兄弟共演、しかもハッシーの女形♪
幸せです。しかも勘違いのおきちさんがかわい過ぎ。
かわいすぎて腰砕けになりました(おい…)
話しが分かりやすくて祭りな感じです。
凄い良かったんですけども福助さん、ハッシー、
三津五郎さん、弥十郎さん、亀蔵さん、
扇雀さんと勢ぞろいなのに何か物足りない…
あぁ勘三郎さんが見たい!!と思いました。
う〜ん、京都までの辛抱か…って行くのか京都。

◆踊り3つ(って待て…)
最初に見たものの記憶って強いもので
団子売りの団扇は隅切り銀杏がいいなと思ってしまうのです。
あとしゃぼん売りの着物の水玉模様が素晴らしい!
そしてやっぱり三津五郎さんの踊りはいい。
う〜江戸時代に飛びたいです(笑)

とにかく吉原狐がツボすぎて参りました。
ちょっと落ち着いていた福助ブームも復活です(笑)
写真もたんまり買っちまいました。
福助さんだけで7枚…遠い目。
楽に行ったらハッシーのおえんさんと高麗蔵さんを
買ってしまうんだろうな…
[PR]
by reo_nao | 2006-08-21 12:13 | 映画・演劇・美術
夏ですのぉ
先週の話になりますが納涼1部見て来ました。

観劇日記はmixiに書けばいいのですが
自分用の整理のためこちらに書くことにしました。

◆丸橋忠弥
勘三郎さんの襲名のため全国回っていたので
歌舞伎座出演は久しぶりのハッシー(注:橋之助)&扇雀さん。
先月福助さんもお休みだったので「成駒屋っ!」の
かけ声が久しぶりでそれだけで嬉しくなってました。
突然ですがハッシーの顔って写楽の浮世絵に似てませんか?
ちょっと面長な感じが「THE 歌舞伎役者」って感じがして
私の中で歌舞伎役者=ハッシーなのです。
だからハッシーが見得をするのとか立ち回りとか大好きなんです。
その点、丸橋忠弥はベストな演目です!
大詰めで岡っ引き達(?)と繰り広げる大立ち回りは惚れ惚れします。
最初はちょっとだるい感じがしてお疲れ?と思っていたのですが
次第にのってくるともうイリュージョンです(何かが違う・笑)
いとも簡単にとんぼをかえるお弟子さん達にも感動です。
初日怪我してしまった方がいるようなのですがこれは怪我が耐えないわけですね。
じん帯を切ったとなると完治までかなり時間がかかると思いますが
ゆっくり直していただきたいです。(経験者は語る)

◆近江のお兼
1ヶ月ぶりの福助さん。
福助ファンの方よりダイエット成功で今無敵らしいよと
聞いていたのですが本当無敵状態でした(笑)
例えて言うならスーパーマリオでスターを取った時のようです(笑)
馬を引き連れ花道から登場。馬に頬擦りする姿がもうかわいすぎ!
そして後見が芝喜松さん。芝喜松さんを見ると安心するんですよね、何故か(笑)
かわいいのに力持ちのお兼、バカ力ですが何か問題でも?みたいな感じがして
凄いかわいい、得に晒をぶんぶんしているあたりもう最高です!
1/6くらいにしてお持ち帰りしたい勢いです(おい)
福助さん、かわいさ大放出の舞台です♪

◆たのきゅう
三津五郎さんの新作舞踊劇です。
もうたのしいの一言に尽きます。
三津五郎さんはもちろん高麗蔵さんに弥十郎さん、
亀蔵さん、扇雀さんと結構豪華!
安心して見ていられる方ばかりなので本当に満足って感じです。
そんな中がんばっているのが巳之助くん。
最初気付かなくって太鼓の人だと思っていたら
ナイスなドラマーが巳之助くんでした!凄い楽しそうで見てる
こっちまで楽しくなっちゃいます。
そして忘れてはいけないのがおろち!ビジュアル系ばりのメイクで
登場の染ちゃん。本当にこの人は芸達者。
おろちがかわいくてたまりません(笑)

そんなこんなでわかりやすくて楽しい舞台がいっぱいの
納涼1部でした。週末2部に行って来ます!
[PR]
by reo_nao | 2006-08-18 22:18 | 映画・演劇・美術
不安定と前向きのくりかえし
本当にちょっとしたことで凹む。
妙に嫉妬したり人間不振になったり…
高校の時から進歩していないなと思う。

そんなとき前向きに変えてくれるのがライブであったり
芝居であったりする。見ている間は凄く頭が冴えていて
考えがまとまりやすい。だから前向きになれる。

最近の私を、救ってくれたのがヘアブレと福助さんの道成寺。
得に道成寺の影響力は凄かった。
ず〜っとドキドキしっぱなしで泣きそうで
鳥肌たつわ、身震いするわでいっぱいいっぱい。
ずっと集中し神経を張り詰めていたせいか最後には涙が…
まさか道成寺で泣くとは(苦笑)
話がどうのとか踊りがどうなっていうんじゃなくて
家の芸を全身全霊で踊っている福助さんの気迫にやられたんだと思う。
得に蛇!恐かった。あぁ本当に蛇になんたんだと思いました。
その後にもう一幕あったんだけどちょっとコメディ要素もある話で
今の状態で笑えないと思い席を立ちました(すみません)
ちょうどほろ酔い気分な状態になってたので整理しようと思って近くのベンチへ。
そのまま待っていれば福助さんにお会いできたのですが
今会うときっと号泣すると思い退散しました。
泣きはしたものの妙に清清しい気持ちになりました。
福助さん、本当にありがとう。あなたの舞台に何度救われたことか…

よし、野望のためにがんばろう。
[PR]
by reo_nao | 2006-05-15 13:24 | 映画・演劇・美術
コクーン歌舞伎2日間
22日南番、23日北番を見て来ました。

◆南番◆
2度目の上演ということもあって凄く完成度の高いものでした。
とにかくお岩さんが可哀想すぎる。
悪い男に騙されて最後は毒殺……
なんか現代でもありそうで社会面トップになりそうな話でした。
普段上演されるものだけあって伊右衛門とお岩に絞られているので
分かりやすくまとまっていました。
いわゆる見せ場もしっかりあって「歌舞伎」という感じでした。
勘三郎、橋之助の舞台、スターのオーラを感じました(笑)

◆北番◆
「これは歌舞伎か?」という疑問は愚問だと思います。
行く前にいろんな話を聞いていて正直、やりすぎ?なのかと
思い覚悟して行きました。
お岩、伊右衛門、お袖、直助、与茂七、お梅……
それぞれの気持ちが分かる。悪いやつもただ悪いだけじゃなくて
なんだか哀れで悲しいそんな人間模様が見れました。
私は北番のが感情移入できて悲しかったです。
得にラスト、伊右衛門が与茂七から逃げようと梯子を登る…
「蜘蛛の糸」のカンダタに見えて凄く切なくなりました。
人間って…そんなことを考えさせられました。
自分の精神状態のせいか最後、号泣してしましました。

そんなわけで私は北番のが好き(好きと言うのとは違うか…)
というか心に残りました。
衝動的に走り出したくなる感じです(謎)

彼等と同じ時代に生き、
この作品を見ることができたことに感謝したい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by reo_nao | 2006-04-24 19:41 | 映画・演劇・美術
ものづくり
b0053803_141404.jpg金曜の仕事帰りTAKEO PAPER SHOW 2006に行ってきました。
例年通り凄い人でゆっくり見ることはできなかったけど
ちょっと感化されて帰ってきました。
何かを作りたい衝動にかられてます。いい加減HPでも作ろうかしら。
[PR]
by reo_nao | 2006-04-17 14:05 | 映画・演劇・美術
最近踊り好いてます。
今日は「新春特別舞踊公演」に行ってきました。
勘太郎、七之助の棒しばりに勘三郎さんの鏡獅子と
かなりおいしい内容でございました。

◆棒しばり
三津五郎&勘三郎コンビとくらべてしまったらやっぱり
劣ってしまうのだけれど行く末が楽しみな感じでした。
踊っている二人が凄く楽しそうでその空気で会場全体に
楽しい雰囲気が充満してました。

◆春興鏡獅子
すっごいかわいい弥生、力強い獅子、さすが勘三郎!って感じでした。
七之助さんが後見をしてて真剣に勘三郎さんを見ている姿が
印象的でした。きっと学ばせるために後見をやらせているんだね…しみじみ。
でもって鶴松くんと宗生くんのかわいらしこと!
1月の歌舞伎座にもでていた鶴松くん、本当にうまいです。
成長が楽しみですねぇ…児太郎ちゃんに虎之助くんそれにはっしー3兄弟
この世代の成長が楽しみでしょうがないです。気分は母親(笑)

縁起の良い演目でもう一回お正月な気分になりました。
[PR]
by reo_nao | 2006-01-29 01:14 | 映画・演劇・美術
2等は近いのです。
続きまして日曜日。

今月誕生日の母にプレゼントということで
歌舞伎座、夜の部に行って来ました。

◆藤十郎の恋
芸のためなら女を騙す、そんなお話です。
扇雀さんが藤十郎ということで楽しみだったのです。
う〜ん、なんか物足りないという感じでした。
「藤さま」といったら当時の大スターじゃないですか、
その感じが足りないのかなと思いました。
あとお父様を意識し過ぎ?とも思いました。
騙される女、とっきーが素敵!!
こういう強くてプライドを持った女性をやらせたらとっきーに
かなう人はいないんじゃないかなと思いました。

◆口上
ピンポイントで福助さんを見てました(笑)
1人動作が大きい、妙に優雅…何故か目立ってました(笑)

◆伽羅先代萩
虎之助くんと鶴松くんにやられました。
本当可愛らしい、将来が楽しみな二人です。
今回が初めてだったので藤十郎さんだからなのか元々なのか
わかりませんがどうもくどくてダメでした。
悪い梅玉さんがなんか好きでした(笑)

◆島の千歳/関三奴
は〜い、これで3回目です(笑)
だって千歳がかわいすぎなんですもの!!

う〜ん、やっぱり上方は苦手だなぁと思いました。
毎度大忙しな週末でございました。
[PR]
by reo_nao | 2006-01-23 20:27 | 映画・演劇・美術
雪やこんこん
b0053803_2158284.jpg土曜日は『獅子を飼う』に行って来ました。
池袋へ行く前に浅草七福神めぐりをしようと
7時に起きたのですが外が白かったので再び布団へ(笑)
しばらくしてもそもそ起きだし池袋へ。

黒くて映りこみするダイヤ型の舞台、
背景には四角いモチーフを並べた金の飾り…はい、好みです。
時代設定は桃山時代なのに現代劇のような不思議な感じでした。
秀吉に三津五郎さん、利休に平幹二郎さん。
ピンと張り詰めるような感じの利休に緩急のある秀吉、
二人の熱演にやられました。
和服に西洋の文化が混じっている衣装も素敵でした。

三津五郎さんの踊りもあるし、お茶目なところもあるし
かなり美味しい舞台でした(笑)

ちょっと秀吉が好きになりました(単純)
[PR]
by reo_nao | 2006-01-23 20:12 | 映画・演劇・美術
一家に一人福助を…(笑)
b0053803_21512510.jpg続きまして15日は歌舞伎座昼の部へ。
もう福助万歳!!いつもこれですみません。
しかし、隣にいた人が福助さんのダメだしをしていたのです。
好き嫌いは自由だからいいですけど歌舞伎座で語らなくてもいいじゃないですか!
息の根を止めてやろうかとおもいましたよ(笑)

そんな嫌なことは忘れて感想を
もう「奥州安達原」の袖萩の切ないこと切ないこと…
三味線を弾く姿、自害する姿もう、ねぇ(泣)

そして「万才」の可愛らしいこと!
扇雀さんとセットで家に欲しいです。実物は大きいので1/6くらいで(笑)
夜の「千歳」といい今月の福助さんはどうしてこんなに可愛らしいのでしょう。
これでは増々福助さんのファンになってしまいますよ(笑)

福助さん以外の話もちょろっと(笑)
とっきーの鶴は素敵でした。とっきーと梅玉さんの組み合わせって
優男としっかりした女って感じで好きなんですよ。
なので世話物がいいのですけど踊りもなかなかよかったです。
藤十郎さんは…
どうも上方自体がだめなようで途中寝てしまいました(汗)

そんなわけで歌舞伎漬けの週末でした。
っていつもですかね…今週末もサンシャインと歌舞伎座ですわ(笑)
[PR]
by reo_nao | 2006-01-16 16:33 | 映画・演劇・美術