人気ブログランキング |
2005年総決算
はい、2005年は歌舞伎に明け暮れました(笑)
それに影響され劇場に足を運ぶ機会も増えました(2005年観劇回数、37回)
では、気になった舞台を箇条書きで。

5月 勘三郎襲名公演
すべてはここから始まりました。というかここで道を踏み外しました(笑)
初めての歌舞伎座、しかも一人。本当にドキドキでした。
今思うとよくチケット取れたなぁと感心します。何かのお導きだったんですかね。
研辰で笑い、鷺姫に感動し、芝居前に圧倒され、新三に惚れた5月でした。

コクーン歌舞伎 桜姫
これも歌舞伎なのかと思い、歌舞伎の広さに感心したものです。
どうしても千秋楽に行きたくて同じ舞台を2回見ました。
舞台は本当に生物で全然変わってしまうものなんだということを
教えてくれたのも「桜姫」でした。この辺で福助ブームが到来(笑)

7月 松竹座
三津五郎さんの「源太」を見て踊りの美しさ、楽しさを知りました。
そしてトラトラ言ってる福助さんが可愛くて…すっかり福助ご贔屓に(笑)

山月記
もう好み過ぎて閉口しました(笑)やっぱり萬斎さんは素敵です。
“人生は何事をも為さぬには余りに長いが、
何事かを為すには余りに短い…”この言葉を胸に刻みました。

歌舞伎に能に狂言に、伝統芸能万歳!!
伝統芸能にはまったおかげで着物や手ぬぐいや浮世絵…
芋づる式に興味を持つようになりました。
今後の将来を左右しかねないくらい日本文化再発見な1年でした。

結局歌舞伎、歌舞伎って口にしてた2005年でした。
私、松竹にいくら払ったんだろうか…遠い目。

以上2005年総決算でした。ちゃんちゃん♪
by reo_nao | 2006-01-11 23:14 | 映画・演劇・美術
<< ふわふわジャケット 2005年総決算 その2 >>