人気ブログランキング |
2006年 01月 23日 ( 2 )
2等は近いのです。
続きまして日曜日。

今月誕生日の母にプレゼントということで
歌舞伎座、夜の部に行って来ました。

◆藤十郎の恋
芸のためなら女を騙す、そんなお話です。
扇雀さんが藤十郎ということで楽しみだったのです。
う〜ん、なんか物足りないという感じでした。
「藤さま」といったら当時の大スターじゃないですか、
その感じが足りないのかなと思いました。
あとお父様を意識し過ぎ?とも思いました。
騙される女、とっきーが素敵!!
こういう強くてプライドを持った女性をやらせたらとっきーに
かなう人はいないんじゃないかなと思いました。

◆口上
ピンポイントで福助さんを見てました(笑)
1人動作が大きい、妙に優雅…何故か目立ってました(笑)

◆伽羅先代萩
虎之助くんと鶴松くんにやられました。
本当可愛らしい、将来が楽しみな二人です。
今回が初めてだったので藤十郎さんだからなのか元々なのか
わかりませんがどうもくどくてダメでした。
悪い梅玉さんがなんか好きでした(笑)

◆島の千歳/関三奴
は〜い、これで3回目です(笑)
だって千歳がかわいすぎなんですもの!!

う〜ん、やっぱり上方は苦手だなぁと思いました。
毎度大忙しな週末でございました。
by reo_nao | 2006-01-23 20:27 | 映画・演劇・美術
雪やこんこん
b0053803_2158284.jpg土曜日は『獅子を飼う』に行って来ました。
池袋へ行く前に浅草七福神めぐりをしようと
7時に起きたのですが外が白かったので再び布団へ(笑)
しばらくしてもそもそ起きだし池袋へ。

黒くて映りこみするダイヤ型の舞台、
背景には四角いモチーフを並べた金の飾り…はい、好みです。
時代設定は桃山時代なのに現代劇のような不思議な感じでした。
秀吉に三津五郎さん、利休に平幹二郎さん。
ピンと張り詰めるような感じの利休に緩急のある秀吉、
二人の熱演にやられました。
和服に西洋の文化が混じっている衣装も素敵でした。

三津五郎さんの踊りもあるし、お茶目なところもあるし
かなり美味しい舞台でした(笑)

ちょっと秀吉が好きになりました(単純)
by reo_nao | 2006-01-23 20:12 | 映画・演劇・美術